会社沿革

会社沿革
昭和11年田中幸三郎が布施で金属加工を始める
昭和42年
  • (株)摂津金属工業所を設立
  • 資本金100万円
  • 田中幸藏が社長に就任
  • 陳列金物のOEM製造を開始
昭和44年資本金300万円に増資
昭和58年タレットパンチプレスを導入
昭和63年
  • 資本金1,000万円に増資
  • レーザー加工機を導入
平成1年サルバニーニベンディングマシーンを導入
平成2年
  • 東大阪市加納に加納工場を開設
  • 粉体塗装ラインを導入
平成3年岡山メッキ工場を開設
平成5年順送200tプレス機を導入
平成6年ワイヤカット機を導入、金型製造を開始
平成8年三重県阿山郡に三重工場を開設
平成9年本社を東大阪市加納へ移転
平成10年福島県田村郡に福島工場を開設
平成13年
  • 三重県上野市に上野造管工場を開設
  • 岡山メッキ工場撤退
平成14年KES環境マネジメントシステム認証取得
平成22年 10月取締役社長に田中啓司が就任
平成23年 6月3次元パイプレーザー加工機導入
平成26年 布施工場 閉鎖
平成26年加納第2工場 開設

事業内容

事業内容
パイプ造管(上野工場)

パイプ造管(上野工場)

冷間圧延炭素鋼帯を連続的に成形し角形鋼管を製造しております。
軽くて丈夫な角形鋼管は、当社の代表的製品であるスリットパイプや販促用什器などの構造材として使用されております。パイプの内製化により、お客様のコスト負担を軽減できます。もっと詳しく見る >>

プレス板金加工製造

プレス板金加工製造

200tパワープレスをはじめとするプレス機が50台(うちスリット加工専用プレス機15台)あり、多品種変量の御注文にも短納期で対応いたします。
ブレーキプレス、タレットパンチプレス、レーザー加工機等の機械設備を完備し、多様な金属加工が可能です。もっと詳しく見る >>

溶接加工

溶接加工

薄板箱物から、住宅用スチール健材まで巾広い分野での溶接加工を行っております。
CO2・アルゴンロボット溶接から熟練工による特注溶接まで多様なニーズにお応えします。もっと詳しく見る >>

粉体塗装

粉体塗装

表面処理には、耐久性に優れ、環境にもやさしい粉体塗装を採用しております。
塗料調合の技術も向上し、溶剤塗装と変わらない色調、種類の塗装が可能です。もっと詳しく見る >>

金型製造

金型製造

金型の社内製造により、お客様の大きな負担となっていた金型代金をローコストに抑える事ができます。