パイプ穴プレス加工

パイプ加工には絶対の自信があります!

パイプ穴加工1パイプ穴加工2

ドリル加工とプレス加工の比較

プレス加工による穴明け加工は仕上がりが違います。

ドリルで穴をあける場合、ワークの上面から下面へドリルを押しこむ形になり、下面に大きなバリが 発生します。
プレスの場合、金型の上型、下型のクリアランスを調整することが出来、バリを最小限に抑えることが可能です。

バリ以外の品質問題

穴の軸ブレ解消! 高品質で納品!

バリ以外の品質問題ドリルで連続した複数穴をあける場合、穴径が不揃になったり、穴のピッチがズレたり、芯がズレたり、穴をあけ忘れたりとバリ以外にも品質面の問題がよく発生します。

当社のプレス穴加工では、金型、NC制御の送り装置を使用するため、穴の芯ブレ、穴ピッチのズレ、穴形状のズレ等バリ以外の品質問題についてもご心配無用です。

加工スピードが違います!大幅な工数削減に貢献

短納期に対応し、コストを削減!

加工スピードが違います!1プレス加工では複数の穴を同時にあけることが可能です。
加工スピードの差はドリル・レーザ加工と比べて歴然としており、大幅な工数削減に貢献。

低コスト、短納期の問題を解消します。

その他、特殊なプレス穴加工

長尺サイズ5mに対応!新たな加工法にチャレンジ中!

形状違いの連続穴の加工、5メートルの長尺サイズへの加工等、特殊な穴加工にもお客様のニーズにお応えすべく、日々、新しい加工方法にチャレンジしております。

その他、特殊なプレス穴加工1その他、特殊なプレス穴加工2

特徴:

パイプ形状の鋼材に穴をあける等のプレス加工は一般的には不可能だと考えられており、ドリルで穴をあける、
もしくはレーザで穴をあける方法が一般的です。

当社では店舗什器製造で培った独自のプレス加工技術によりパイプのプレス加工を可能にしました。

ドリルで穴をあける場合、パイプの内側に大きなカエリが発生。
カエリ除去に工数がかかり、場所によってはカエリ取りが不可能となる等品質面に大きな問題が生じます。
また、穴の数が多くなると工数がかかり、短納期への対応が困難となります。
それら品質面、納期面の問題を当社技術が解消いたします。

穴加工専用のプレス機にはNC送り装置を装備し、アトランダムな穴ピッチの加工、複数の穴径の異なる加工でも対応が可能です。
独自技術の核となる金型製造についても社内で製造しております。
長年培った金型技術がパイプ加工の命であり、金型のみの販売並びに預かり金型についても返却はご遠慮させていただいております。何卒ご了承ください。


【作業風景の動画】私達はプレス機で行うパイプ穴加工が得意です

主な設計内容:

  • 店舗什器支柱
  • 販促什器支柱
  • コピー機脚部
  • 薄型ディスプレイ用支柱
  • 工作機械部品
  • 農業機械部品
  • 犬小屋・ドッグゲージ
  • 住宅収納部材
  • 物流機器
  • 空調機器筐体
  • 作業台

パイプ造管・穴あけ・加工・溶接・塗装のことなら何でもご相談下さい。