問題:

3次元パイプレーザー機で品質向上

弊社では3次元パイプレーザー機を品質向上のために用いる取り組みもしています。
下画像をご覧下さい。
鍍金鋼管40X25を画像のように枠に溶接します。
左右があるために間違えないために、ジグにセットし、確認する作業に多くの時間を割いていました。
そこで、弊社では3次元パイプレーザー機で、間違いがおこらないよう、画像のように加工を加えました。
左右の間違いが無くなることはもちろん、作業時間も大幅に短縮しました。
実施してみて、現場からは「大変、助かっている」との声が上がっています。
今後もさらなる品質向上にむけて、邁進してまいります。
クラレス扉 改善2.JPG
.
クラレス扉 改善3.JPG
.
クラレス扉 改善1-1.JPG

解決

左右入れ違い発生恐れのある溶接工程を3次元パイプレーザー機で改善しました。

パイプ造管・穴あけ・加工・溶接・塗装のことなら何でもご相談下さい。