問題:

皿加工の混じった部品の加工

DSCF4655.JPG

部品に皿穴の混じったものを加工するとき、
まず タレットパンチプレスで 2か所原点穴を加工し
加工後 穴加工。穴加工後、皿加工をします。この工程で加工後、レーザーマシンに移します。
レーザーで2か所の原点穴を検知して 検知後、部品の外形抜き加工をします。
この手順で加工することで ボール盤での皿加工が不要となり、効率が上がります
下の画像は タレットパンチプレスで加工後、レーザーに移したときの画像です。(MF 2017.09.06)

20170906171417117_0001.jpgのサムネール画像

解決

ボール盤での皿加工が不要となり、効率UP

パイプ造管・穴あけ・加工・溶接・塗装のことなら何でもご相談下さい。