QUALIA FACTORY

Q&A

お問い合わせ先 [INQUIRY]

プレスパイプ加工について

パイプ穴加工で複数の穴、それぞれ異なる形の穴加工をお願いしたいですが加工可能ですか?

当社のパイプ穴加工はプレス機による加工とパイプレーザー加工の両方で対応出来るので、複数の穴を同時にあけることが可能です。
また、金型パンチ等にシリンダーを使用することで、一連の加工で異形状の穴をあけることが可能です(丸穴→四角穴→丸穴等)。もちろんピッチも自由に変えることが可能です。
一連で加工するため、ピッチ不良もおきませんし、工数削減にも貢献します。
低コスト、短納期の問題を解消します。是非一度お問い合わせください。

>>>パイプ穴加工についてはこちらをご覧ください

 

パイプへの穴あけ加工で芯ブレ・軸ブレを防ぎたいですが何か方法はありますか?

例えばドリルで連続した複数穴をあける場合、穴を開け忘れたり、バリの発生、芯ブレ、軸ブレ等の品質面の問題がよく発生します。
当社のプレス機によるパイプ穴あけ加工では金型、NC制御の送り装置を使用するため、穴の芯ブレ、軸ブレ、ピッチずれ、穴形状の変形等が起こりません。

パイプ穴加工でお困りなら是非一度お問い合わせください。

>>>パイプ穴あけプレス加工についてはこちらをご覧ください

 

金属パイプ加工で、どのような工程削減が可能ですか?

当社は最新の3次元パイプレーザー加工機を2機所有し、また、金属パイプへのプレス穴あけ加工で50年を超える加工技術ノウハウがあります。

これらにより、溶接を無くしたり、工程数を10工程から2工程に減らす等、金属パイプ加工での工程削減による時間短縮やコストダウンに貢献しています。

是非一度、お問合せ下さい。

>>>3次元パイプレーザー加工についてはこちらをご覧ください

>>>パイプへのプレス穴あけ加工についてはこちらをご覧ください

>>>溶接レスの事例をご覧ください

>>>パイプ加工技術についてはこちらをご覧ください

店舗用陳列棚(什器)の設計から製作は可能ですか?

店舗用什器のことならお任せください。

店舗什器に使用されるスリットパイプ(棚の高さを調整するため等間隔に多数穴が空いた陳列台の支柱パイプ)の製作のため、量産に向いたパイプ材へのプレス加工を、弊社が独自で開発することに成功しました。その技術が確立されるまでは、シート材に連続した穴をあけ、次工程で曲げ、溶接の工程が必要で、コスト、納期対応の点で問題になっていました。パイプへのプレス加工は不可能と言われていた業界常識を破った加工技術の開発となりました。

当社が最も得意とする店舗用什器の加工方法等、蓄積されたノウハウを生かし、お客様の使用用途により設計開発させて頂きます。

>>>当社加工一覧をご覧ください

>>>設計開発力についてはこちらをご覧ください

>>>店舗用陳列棚50年の加工実績についてはこちらをご覧ください

 

 

穴の種類と穴の数が多いのですが加工可能ですか?

ある程度のロット数があり穴数が多い製品はプレス加工に適した製品です。同形状はもちろん、異形穴も3種類程度までならば同一工程で行います。独自の金型技術(シリンダーによるプレス金型の自動差替え)及び専用の送り装置が高精度なプレス加工を実現します。

少ロットにはパイプレーザー加工が適しています。穴数、形状の制限はございません。設計開発担当者様の思いのまま、自由自在に加工できます。

>>プレス加工はこちらをご覧下さい

>>パイプレーザー加工はこちらをご覧下さい

 

材料のパイプ径に対して加工する穴径が大きいのですが加工できますか?

パイプレーザー加工、パイププレス加工ともに相当種の穴加工にチャレンジしてきました。最大限の加工が可能です。

パイププレス加工に関しては、パイプ内径から材料厚み×2を引いた数値を最大径の目安にしてください。

加工穴の形状にもよるため、詳細はお問合せください。

>>パイプのプレス穴加工について

>>パイプのプレス穴加工動画はこちら

ステンレスやアルミパイプでも加工出来ますか?

可能です。
材質がかわっても問題ありません。パイプレーザー加工機では真鍮、銅パイプの加工も可能です。

 

>>パイプレーザー加工についてはこちらをご覧下さい

 

バーリング穴は加工出来ますか?

可能です。
詳細についてはご相談ください。

 

>バーリング穴加工についてはこちらをご覧ください

 

 

納期はどの程度必要ですか?

プレス加工等において金型が必要である場合、ロット、工数によって変わりますが、平均一週間程度必要です。(金型がある場合)

パイプレーザー加工においても、データ作成等で加工完了まで、平均一週間程度必要です。

>>>加工可能一覧

 

 

 

パイププレス加工において、穴のピッチなど品質は確保出来てますか?

パイププレス加工では、プレス金型の精度とパイプ専用の自社開発自動送り装置があり、他社では中々実現できない+-0.05の公差精度で加工可能です。

>>パイプ穴プレス加工・プレス加工についてはこちらをご覧ください

>>50年の実績「パイプ加工技術」を活かしお客様の想いをカタチにします。もご覧ください

 

 

RECRUIT 採用情報

摂津金属の企業理念を共に実現していくために、新たな人材を求めています。

CONTACT お問い合わせ

株式会社摂津金属工業所の業務内容については、こちらよりお問い合わせいただけます。